JEPSRA-JEPSA 30years Anniversary ENGLISH

用途

土木

EPS土木工法発泡スチロール(EPS)ブロックを土木用として使うEPS工法が1985年にノルウェーから導入され、その実績は着実に伸長してきました。発泡スチロールブロックの軽量性、自立性、耐水性、耐圧縮性を有効に活用した工法で、従来の土木工事の常識を破る画期的な工法です。国土の狭い日本においてより有効で、軟弱地盤上の盛土、拡幅、擁壁の裏込めと、使用例は拡大しています。

  • 軽量性

    EPSの密度は土砂の約1/100と非常に軽量。地盤強度の小さい所への加重軽減になります。

  • 圧縮強度

    EPSの圧縮強度は密度(種類)に応じて2~20t/㎡という数値であり、盛土材として充分な強度を持っています。

  • 施工性・加工性

    軽量であるため人力での運搬や設置が可能なため大型建設機械が不要です。また現場の地形に合わせた切削加工が容易です。

  • 軟弱地盤上の盛土工事
  • 山岳部の道路拡幅工事
  • 落石の衝撃を和らげる緩衝材
発泡スチロール土木工法開発機構
  EPS土木工法の技術情報