JEPSRA-JEPSA 30years Anniversary ENGLISH

発泡スチロールとは

【特性】空気をうまく活用しています

《98%の空気が、優れた特性を発揮します》
発泡スチロール(EPS)製品は98%が空気であることから優れた「断熱性」と「緩衝性」の2大特製を生み出しています。さらに「軽量性」「加工性」に優れ「耐久性」も高いことから様々な分野で使われています。また、単一素材であるためリサイクルがとても容易です。

発泡スチロールの特性

1断熱性

発泡ビーズの集合体で、各々のビーズは「小さな空気の部屋(独立気泡)」で構成されています。各気泡では空気の対流が少ないので熱が伝わりにくくなります。

画像
画像

木箱からEPS製になり鮮度保持したまま魚を運ぶことが出来るようになりました。

2緩衝性

独立気泡は衝撃吸収性に優れ、家電製品や精密機器などの包装材・緩衝材として製品を衝撃からガードします。

画像

EPS製品の上に生卵を落としても、衝撃で割れることはありません。

3軽量性

製品の体積の98%が空気で構成されていますので、2%のポリスチレンの重量だけの重さとなります。

4省資源性

石油由来の原料2%のみという非常に省資源な素材です。

5耐久性

直射日光(紫外線)にさらされなければ半永久的に形状を保持することができます。全体で荷重を受けた場合は、1平米あたり5トンの荷重を受け続けても問題はございません。2020年のEPS需要の中で、28.4%が1年以上使用される用途でした。
※ 50倍発泡EPSの許容圧縮応力度

6リサイクル性

単一素材であり、熱を加えるだけで容易に再生原料(インゴット、ペレット化)として生まれ変わるリサイクル特性に優れた素材です。

7加工性

刃物や電熱線を利用し簡単に加工することができます。