リサイクル

3つのリサイクル

発泡スチロールはほとんどが単一素材であるため分別が容易で、熱や溶剤・圧縮により体積を減らす減容が可能であり、リサイクル特性に優れ、現在3つの手法でリサイクルが行われています。

  1. マテリアルリサイクルプラスチックの原料として再資源化し、プラスチック製品などに再利用します。
  2. ケミカルリサイクル(広義のマテリアルリサイクル)熱や圧力を加え、ガスや油として再資源化し、燃料などに再利用します。
  3. サーマルリサイクル燃焼させることで、高い熱エネルギーを発生させ、発電などに再利用します。
使用済みの発泡スチロール マテリアルリサイクル ケミカルリサイクル サーマルリサイクル

マテリアルリサイクルでは、発泡スチロールをプラスチックの原料として再資源化し、プラスチック製品などに再利用します。

  • 再生発泡スチロール(EPS to EPS)
  • 文具
  • プランター
  • 合成木材
  • セメント混和材
  • 排水用資材
  • 凍結防止用道路資材

JEPSA 発泡スチロール協会